プロジェクトマネジメント編① Webディレクターの立場と役割

みなさん、こんにちは。
ナビゲーターの若狭みなとです。

本講座の講師は、株式会社デスクトップワークス代表取締役、そしてWebディレクタースクールを主催している田口先生です。
講師の田口です。
よろしくお願いします。
さて今回は、
プロジェクトマネジメント編①
「Webディレクターの立場と役割」

をテーマに講義をお届けします。
早速ですが、若狭さんはWebディレクターと聞いて、どんな仕事を連想しますか?
うーん…

私は素人なので推測になりますが、
Webサイトを設計したり、Webサイトのデザインを考えたりする仕事でしょうか?
では、生徒の皆さんにも聞いてみましょうか。
生徒さんに質問です。
「Webディレクターと聞いて、どんな仕事を連想しますか?」

Webディレクターって、どんな仕事?

続々とコメントが寄せられてますね。
生徒さんから寄せられたコメントは…

・Webサイト制作の管理する人
・Webサイト制作の旗振り役
・Webサイトを作るなんでも屋
・お金をマネジメントする人
・納期に間に合わせる人

…などなど、
色々な意見が出ていますね。
例えばさ、
「デザイナーってどんな仕事?」って質問すると、ほとんどの人が「デザインを作る仕事」って答えるじゃない?
はい、そう答えると思います。
じゃあ、プログラマーは?
プログラムを組む人。
カメラマンは?
撮影をする人。
だよね。
仕事内容が明確で、わかりやすい。
でも「Webディレクターって?」ってなると、答え方が人それぞれ違いますね
そうなの。
回答のニュアンスは似ていても、それぞれに違いが出る。

これはWebディレクターって仕事の大きな特徴ですね。

Webディレクターは
仕事の定義がハッキリしてない!?

Webディレクターは、デザイナーやプログラマーなど他の職種に比べて、仕事の定義が曖昧ってことですか?
そう。
「これだ!」って一言で説明しにくいから、自分以外の第三者に説明する時も、わかりにくかったり、伝わりにくかったり、それこそ役割の線引きがハッキリ見えなかったりする。

結果、クライアントさんやクリエイターさんと連携する時にも、誤解が生じやすい
認識のズレは、トラブルを招きそうですね…

ってことは、仕事をスタートする前に、そこを双方で確認し合う必要があるわけですか?
うん。
だからキックオフミーティングとかで、「私、Webディレクターです。」って宣言するだけじゃ説明不足ってことだね。

役割があやふやだと、お互いどうキャッチボールして良いかわからないし。コミュニケーションエラーにも繋がっちゃう
ちなみに
田口先生は現場で、Webディレクターの仕事をどう定義してますか?

Webディレクターは
発注側と制作側の架け橋?

私が定義するWebディレクターは以下の通り。

クライアントからの要望を引き出して、要望に対してアイデアを練って企画を提案する。
その提案をクライアントが受け入れたら、設計におこして、デザイナー、マークアップエンジニア、コーダー、プログラマー、カメラマン、ライターといった、各種専門分野のスタッフに指示を与えて制作を行う
あれ?

Webディレクター自身が、Webサイトを作るわけではない?
うん。
各種専門分野のクリエイター達をハンドリングしながら制作を進めて、監修して、仕上げたものを成果物としてクライアントに納品する。

これが一般的なWebディレクターの仕事。
こうやってみると発注側(クライアント)と制作側(クリエイター)の架け橋って感じがしますね。
うん、まさに架け橋だね。
クライアント側はWebサイトを欲しい側、つまり作る専門ではない立場。で、Webサイトを作るクリエイターは制作側のプロの立場。
双方の橋渡しをするのが、Webディレクターですね。
あ!ここで注意。

橋渡しっていうとさ、人によっては右から左に受け流す的な、左から右に受け流す的な「丸投げ」っぽい作業を連想しちゃうかもしれないけど、それはちょっと違う。

Webサイトを欲しい側と、Webサイトを作る側の間に入るわけだから、Webディレクターが双方を取りまとめて作りあげている

自らが手を動かさないけど、双方とやり取りしてモノを生み出すって意味で、とてもクリエイティブな仕事
なるほど!
Webディレクターの立場と役割を理解したところで、次回は、「Webディレクターの良し悪しはここで決まる!」をテーマに講義を進めましょう。
目次へ戻る
田口 真行 写真

田口 真行

株式会社デスクトップワークス 代表取締役
Webディレクタースクール 主宰
社団法人 日本ディレクション協会 副会長

1999年、フリーのWebディレクターとして独立。企業サイトの企画制作運用を手掛ける傍ら、攻殻機動隊 トリビュートアルバムのアートディレクションや、SKY PerfecTV!のクリエイター向け番組『DesktopTV』のプロデュース、セミナーイベント『エンタミナ』の主催など、Web以外の分野でも幅広く活動。 2014年、Webディレクター育成機関『Webディレクタースクール』を設立。独自手法のディレクションを題材にした実践型の研修講師として全国各地での講演活動や、株式会社スクーのレギュラー番組『田口真行のWebディレクション講座』の生放送配信を行う。著書に『現場のプロが教えるWebディレクションの最新常識 知らないと困るWebデザインの新ルール2』(エムディーエヌコーポレーション、共著)、『第一線のプロがホンネで教える 超実践的 Webディレクターの教科書』(マイナビ、共著)。株式会社スクー 2014年度最優秀公認団体賞 受賞。CSS Nite 2年連続ベストスピーカー 受賞(2015年、2016年殿堂入り)。

主な研修実績

  • NTTラーニングシステムズ株式会社
  • 株式会社日本航空
  • NHKグループi
  • 日本ユニシス・ビジネス株式会社
  • 株式会社進研アド
  • 株式会社クリーク・アンド・リバー社
  • 株式会社電通イーマーケティングワン
  • 株式会社アイ・ファクトリー
  • 株式会社DMM.comラボ
  • 株式会社VOYAGE GROUP(ECナビ)
  • 株式会社文化工房
  • 株式会社オークローン・マーケティング

主な講演実績

  • 日本工学院専門学校『Webディレクション特別講義』講師
  • 経済産業省『Webプロデュース特別講義』講師
  • エムディエヌコーポレーション セミナーイベント登壇
  • デジタルハリウッド セミナーイベント登壇
  • 福井県産業支援センター セミナーイベント登壇
  • 株式会社クリーク・アンド・リバー社 セミナーイベント登壇
  • 日本ディレクション協会 セミナーイベント登壇
  • Web Directors Forum セミナーイベント登壇
  • クリエイター育成協会 セミナーイベント登壇
  • CSS Nite セミナーイベント登壇
  • 株式会社宣伝会議 セミナーイベント登壇

主な執筆実績

  • 月刊誌 web creators『思考するWebディレクション』連載
  • 月刊誌 Web Designing 『Webディレクション特集』記事
  • 書籍『現場のプロが教えるWebディレクションの最新常識 知らないと困るWebデザインの新ルール2』(エムディーエヌコーポレーション、共著)
  • 書籍『第一線のプロがホンネで教える 超実践的 Webディレクターの教科書』(マイナビ、共著)